大変なトイレ掃除

家政婦の仕事で意外に大変なのがトイレ掃除です。掃除ができない人のトイレは、やはり汚い物になっています。特に水垢などがとれない場合には、根気よく掃除を行わなければいけません。特に最近がウォシュレットなどが付いている家庭がほとんどですから、便座自体や便器の裏側が掃除しにくくなっています。このあたりをしっかり綺麗にする事ができると家政婦としてのスキルがアップするようになります。

便器をふく事のできる厚手の流せるコットンなどもありますが、耐久性を考えると昔ながらの水吹きが一番です。汚い所を拭き掃除する用と、仕上げのからぶき用を用意して、綺麗に掃除してみましょう。このトイレ掃除は家政婦に依頼する前のお試し期間でも依頼される事が多い部分ですので、しっかりと練習しておく必要があります。

また忘れがちなのがトイレのタンクです。こちらもホコリ、水垢は非常にたまりやすいエリアになっていますので見逃さずに丁寧に掃除する事が重要になります。家政婦の仕事の中でも後回しにしてしまいがちのトイレ掃除ですが、最後にまわしてしまうと、疲れてしまって、どうしても雑になりがちです。気合を入れて最初に行ってしまうと、その後の手間が省けるのでおすすめです。