家政婦は奴隷では無い

東京で家政婦として働く場合には、必ず家政婦斡旋業者に登録して働く事になります。この家政婦斡旋業者は、斡旋する事による謝礼と、家政婦が働いて得たお金の一部を収入に活動しています。紹介してくれるのだからある程度は仕方がないけど、毎月給料から天引きされてしまうと、あまり良い気はしないかもしれません。

引かれる金額は家政婦紹介所によってさまざまですが、一般的に地方よりも東京の方が天引きされる金額は高くなっています。しかし、東京で家政婦紹介所に登録する事は、紹介してくれるというだけではありません。依頼主と自分の間に何らかのトラブルが起こってしまった時に、しっかりと防波堤になってくれる役割があります。

もっとも多いトラブルは賃金による物です。昔の家政婦の場合には、依頼主が気に入らないと、賃金を下げられたりしてしまった為、どうしても家政婦は頭が上がらない部分がありましたが、東京の家政婦斡旋業者に登録していると、依頼主や雇い主との契約になっておりますので、自分には直接的に関係しない事になります。値段交渉などシビアな部分は雇い主との話し合いになりますので、必要以上にへりくだる必要はありません。これは東京で働くかなりのメリットになっています。