何故仕事が多いのか

全国的にみて、家政婦の需要が多いのは東京などの都心部に集中しています。東京に需要が集中しているのは東京都いうエリアならではと思います。先ず最も多いのが近隣との付き合いの無さだと思います。地方では隣近所の方がみんな仲良しで、挨拶をするような間柄だったかも知れません。

しかし、東京などのエリアは地元という事ではなく、色々な所から上京してきている人が集まっているという面があります。その為、アパートの隣の部屋の人がどんな人が生活しているかも知りません。その為、ちょっと子供を見ていて欲しいなんてお願いはできません。近所付き合いが全くないようなエリアでは、お願いする事が簡単ではありません。助け合いという環境から、無関心で周りに迷惑をかけないという風に移行しています。

特に仕事が忙しく、あまり家の近所で生活する時間が少ない方はなおさらです。気軽に頼む相手がいない東京では、お金を払ったとしても、家政婦さんに任せた方が安心だし、確実という事になります。特に忙しく働いている方は、家の事ができない状況になっていますが、これは仕方がないという事です。将来的にもどんどん周りの方との接点は無くなっていきますので、家政婦の需要が増えて行きます。