シングルマザー

近年、日本では高い離婚率が問題になっています。特に都心部で働く方の離婚率が高くシングルマザーの方も珍しくなくなってきました。以前と比べてシングルマザーが増加した要因として考えられるのが、女性の独立だと思います。

以前は男性が働いて女性が家事をするような事が当たりまえでしたが、最近では離婚した後でも一人で生きていける女性が増えています。その為、結婚という生活にとらわれることなく自由な生き方が出来ています。しかしここで問題になってくるのが、シングルマザーの立場で働いている時の子供の世話です。

小さい頃はもちろん、保育所などに預ける場合には、仕事が遅れると時間内に迎えにいけない場合があります。地方ですと近所の方や、知り合いの方に手伝ってもらう事で対処するのですが、東京の場合には、昔からの知り合いなどもいませんし、その時間帯にヒマな方を見つけるのが困難です。仕事も子供も大事だという方は、家政婦さんの存在という物はありがたいと思います。もちろん家政婦ですからタダという訳には行きませんが、しっかり独立されている方でしたら問題無く利用する事が出来ます。東京にはそういった方が多いので、家政婦の需要が大きくなっていると思われます。