仕事が出来るように

家事のプロフェッショナルの家政婦ですが、最初は誰でも完璧ではありません。その為、叱られてしまう方もいらっしゃるかも知れません。しかし最初は叱られながらも言われた仕事をこなしていく必要があります。

勘違いしないで欲しいのは、家政婦と言う仕事はとにかく地味で根気のいるお仕事です。自分から新しい事をはじめるのではなく、依頼された仕事の中からベストな仕事を行う必要があります。例えば良かれと思ってメニューを変更したり、言われてもいない部屋の掃除をしてしまうなどは、契約違反になります。もちろん綺麗好きな方の多い家政婦ですから、綺麗にしたいと思う事があるかも知れませんが、そこは言われた事の中でベストを尽くすようにしましょう。

また、意外かも知れませんが、家政婦を雇っていても食事は自分で作るという方が多くいらっしゃいます。特に東京では、自分の料理しか口にしたくないという方も多く、家政婦は室内の掃除や、お庭の手入れ、お子様の送り迎えだけ依頼される事もあります。家政婦に必要なスキルは、依頼された内容の中からどれだけベストな仕事をできるかという事で、言われていない事をする必要はありません。仕事で来ている以上、契約外の事をするのは家政婦失格という事です。