温かい料理

東京で家政婦が多い要因としては料理かも知れません。東京には、遅くまで空いている飲食店は沢山ありますし、コンビニなども駅前には必ずと言っていいほど出店されています。信じられないかも知れませんが、深夜まで電車が走っているという便利さの弊害で、毎日遅くまで残業している方が東京には沢山いるのです。

その為、その気になればいつでも温かい食事が食べられるのですが、毎日忙しく、家に帰って眠るだけといった方は、外食やコンビニ弁当、カップラーメンなどで食事を続けているとどうしても味気なくなってしまいます。最近では深夜まで空いているスーパーや、コンビニにも定番の野菜などが常備されているので、料理を作ろうと思えば作れない事はありませんが、面倒であったり、あまり美味しくないといった事も考えられます。

疲れて帰ってきて味気ない食事では、明日からの力が湧いてきません。そこで、毎日夕飯と朝ごはんを家政婦さんに作ってもらうという方が増えているのです。最近では電子レンジで簡単に温め直す事ができますし、冷凍する事で長期保存も可能です。もちろん料理の上手なお嫁さんがいれば問題ないのですが、共働き家庭も多いですので、料理の面から家政婦さんを依頼される方が増えて来ています。