東京在住の外国人の方

東京に家政婦が多い理由として考えられるのが、東京都いうエリアの利便性だと思います。東京は日本の首都ですので、様々な人種、文化が入り乱れて形成されています。その為、昔ながらの日本の考え方に加え、外国の文化も色濃く反映しているエリアでもあるのです。西洋やアメリカでは昔からお手伝いさんという物が存在していました。古い外国の映画などを見るとわかるとおり、とにかく家やお庭が広いお金持ちの方は、どうしてもお母さん一人で、全ての家事を行うのが難しかったのです。その為、メイドさんなどを雇い、家事を行わせるという物が文化として残っています。

近年の東京には、様々な外国の方が住居を構え仕事を行っています。東京にある一流企業にお勤めの方は、独身の方が多かったり、結婚されていても共働きだったりしています。その為、家事を分担して行うというよりは、家事を他の人に任せる事によって、より仕事に集中したり、プライベートの時間をゆっくり過ごそうと思う方が増えています。また、日本の文化になれない為に、自分で料理の材料を買い出しにいったり、部屋の掃除が上手く行かないと行った事もあるみたいです。その為、外国から越してきた方は、最初の半年くらいは家政婦を雇う事が多いのだそうです。