子供のいるご家庭

東京でもっとも多い家政婦案件は、小さなお子様がいるご家庭で、夕方から依頼主が返ってくるまでの間、子供のお世話と、食事や掃除、洗濯物を取り込んで畳むような仕事です。東京の場合には、知り合いがいると言っても、子供を預かってもらえるような間柄ではない場合がほとんどです。

特に小さいお子様の場合には、預ける側以上に、預けられる人の方が神経を使ってしまいます。その為、あまり子供を預かってもらうというのはお互いにしないようになっています。家政婦の立場として考えると、小さなお子様の相手が得意になっていると、それだけでかなり仕事の幅が広がります。

子供の扱いが上手になる為には、とにかく実践しかありません。多少のマニュアルは存在していますが、全ての子供に通じるわけではありません。依頼主の子供だからといって全てを許可する事はできません。だめなものはだめだと注意する事が必要になります。褒める所は褒め、依頼主からも子供からも信頼を得る事が重要になります。そのお仕事が成功すれば、次のお仕事も紹介してもらいやすくなります。徐々に人気家政婦としての地位を上げる事ができます。子供の世話の案件が多い東京には、自分の可能性を広げたいという方が集まってきます。